白髪染め人気商品ガイド

髪にいいといわれている食べ物

髪の毛が白くなるのは、生えてくるときに決まっている!

 

そんな言葉を言われたことがあります。

 

 

だったら、髪の毛が生えてくるときに、白髪にならないように
何か気を付けて食べたり生活できたら、白髪にならないのではないでしょうか?

 

髪の毛にいいといわれている夏の食べ物をご紹介しておきます。

 

 

うなぎ

 

 

ウナギといえば、夏バテ防止とか男性に人気の元気が出る食べ物って感じでしょうが、実は髪の毛にもいい栄養素の
たっぷり入った食べ物なんです。
タンパク質、ビタミンC、亜鉛は髪の毛を作り、ビタミンEで老化予防をしてくれ、ビタミンB2が脂質などを抑えてくれるので
髪の毛がよくなっていく要素しか存在していないのです。
お値段が少々お高いという点を除けば、日々摂取していきたいお魚であることは間違いありません。

 

 

 

ゴーヤ

 

 

ゴーヤにはビタミン、ミネラルがたっぷり含まれています。
髪の栄養分を補給にうってつけで、特に髪を組成するもとになるビタミンCが豊富なので夏バテ気味の体に栄養を与えてくれます。
なおかつ髪の毛も維持できるという点があります。摂取しにくいカリウムも摂取できる点も髪の毛にいいとされています。

 

 

トマト

 

 

トマトトマト若返りの象徴でもあるアンチエイジング効果が高くて、髪にもメリットがあります。
トマトにはたっぷりとリコピンが含まれていて加齢現象の元である活性酸素を取り除くはたらきがある抗酸化作用が相当高く、細胞の老朽化のブロックをしてくれます。
トマトの中に含まれるビタミンE同じ役割を果たしてくれています。

 

だからこそ、ハリやコシが無くなってきているときにはたくさん摂取していくといいのです。

 

きれいな髪の毛を維持していきたいときにぴったりの食材がトマトなのです。

 

 

うなぎやトマトは季節ものでもありますが、夏以外の季節でも摂取できるものです。
上手に日々の暮らしに取り入れて、髪の毛をきれいに保っていきたいものです。